グループ沿革

昭和37年 株式会社 富士経済を創立
昭和44年 株式会社 富士マーチャンダイジング・センター(F.M.C.)を設立
昭和45年 株式会社 富士システムリサーチ(F.S.R.)を設立
昭和48年 株式会社 教育評論社を設立
昭和55年 株式会社 富士コンシューマーセンター(F.C.C.)を設立
平成元年 ニューヨークに現地法人Fuji-Keizai U.S.A.,Incを設立
平成4年 F.S.R.、F.K.I.、F.M.Cの三社を株式会社 富士キメラ総研に統合強化
平成5年 株式会社 富士経済 北京事務所を開設
平成6年 中国・中聯経済技術開発公司との合弁で、中聯富士経済咨詢有限公司を設立
平成8年 マーケティングリサーチデータのオンラインによるデータベースサービス「FK-Mards(マーズ)」を開始
平成9年 「FK-Mards」 インターネットでサービスを開始。
平成12年 富士グローバル・ビジネス・ネットワークとして分社化。データベースサービス、並びに利便性の高いデータ表現を目的としたコンサルティング・調査業務を展開。
北京源霖生物技術有限公司設
平成14年4月 富士グローバルビジネスネットワークが 富士グローバルネットワーク(FGN)に社名変更。
平成14年10月 エンジニアリングプラスチックのB2Bモール「EnplaNet(エンプラネット)」の運用開始
平成17年7月 株式会社 富士経済マネージメントを設立
平成17年11月 個別の市場概況のポイントを分野横断的に検索・即チェックできるマーケティング情報サービス「FK-Mpac(エムパック)」を開始
平成22年1月 「FKG電子ライブラリ」を開始。
平成24年5月 「FK-Mpac(エムパック)」をリニューアル。
平成24年6月 富士経済グループ創業50周年。記念サイトオープン。
平成28年8月 東京都中央区日本橋小伝馬町1番5号 PMO日本橋江戸通へ移転。
平成28年10月 「株式会社 富士経済ネットワークス」に社名変更

※太字は株式会社 富士経済ネットワークス関連

※「FK-Mards」、「FK-Mpac」、「EnplaNet」は弊社の登録商標です。

ページトップ